財産の一部だけ先に分割することは可能か?

会社の経営者のように財産を多く保有している人が死亡した場合は、相続の対象となる財産の数や金額が非常に多くなり、遺産執行にむけての作業も大変になります。遺産執行に向けての作業が長引くと、だんだん相続税の納付期限がせまってきて、各相続人の相続税を納めるための手続きに影響が出ることがあります。このような時は、死亡者の財産の一部、具体的には相続人のシニア09間で争いが無い財産について、遺産分割協議の場で先に分割方法を決定し、協議書として記録しておくと、遺産分割協議がスムーズに進む場合があります。
ただし、遺産の一部分割を実施する場合はいくつかの注意点があります。まず挙げられるのは、分割しやすい財産ばかりを先に分けないようにすることです。預貯金などの分割しやすい財産に偏ることで、不動産などの分割が困難な財産ばかりが未分割の財産として残ってしまい、かえって遺産分割協議が進展しなくなる可能性があります。
また、残った財産を分割する際に既に決定した分割内容を考慮するかどうかも、相続人の間で合意を形成して分割協議書に記載しておくべきです。複数回に分けて遺産分割を実施する場合は、各回の他の回との関係と、全ての分割を終了する際に行われるであろう最終合意との関係を明確にしておく必要があります。