会社の経営者が死亡した場合

会社の経営者が亡くなった場合は、会社も相続財産として引き継ぐことが出来ます。そのように相続人が相続財産として引き継ぐのであれば会社の全ての権利と義務は相続人に移りまシニア05す。株式会社の場合は被相続人が保有していた株も相続財産となりますが、上場していない会社の場合でしたら、株の評価額の算定は非常に複雑ですので専門家への依頼が必要となります。
また規定により死亡退職金が支給される場合は、その退職金も相続財産となります。
会社に借入金がある場合は、経営者が死亡しても会社が存続するのであれば今後も何も変わりはありません。当然親族である相続人に影響が及ぶこともありません。しかし会社を相続して今後経営していくとなりましたら貸付金や借入金の権利や義務も引き継ぐことになります。また借入金の連帯保証人に経営者個人がなっていた場合は、その負債に関しても相続財産として引き継ぐことになりますので返済が困難な場合は相続放棄をするなどの対応が必要となってきます。経営者が会社に対する貸付金があった場合は、その貸付金も相続財産となり相続税の課税対象となります。
経営者が亡くなった場合に会社は様々な問題を抱えることになります。その内の一つが資金繰りに関することですが、そのような時のための生命保険もありますので、経営者は生前に保険に加入することなどを検討しておく必要があります。