未分類

相続税を安くするには、生前贈与や有効な方法ですが、駆け込み的な生前贈与で相続税を安くし過ぎないように、相続開始の3年前以降にもらった財産に、相続税がかかるようになっています。贈与を受けるときに支払った贈与税額は相続税から差し引くことができるので、二重に支払うことはありません。贈与税がかからない110万円以下の非課税枠の贈与でも、亡くなる前のシニア103年間にもらった財産は、全て相続財産に含まれます。
例外は、贈与税の配偶者控除を受けた財産です。これは、婚姻期間が20年以上の夫婦間なら、居住用の不動産か購入資金2000万円までの贈与に限り、贈与税がかからないという制度です。
また、贈与の際に相続時精算課税を選択している場合にも、贈与財産を相続財産に含めて相続税を計算します。相続時精算課税は、贈与者が60歳以上の親か祖父母、受贈者は20歳以上の子か孫である場合に認められる特例で、2500万円までの贈与なら贈与税がかかりません。また、親から子への住宅取得資金の贈与なら、親の年齢制限はありません。
以上のことから、相続財産に含まれる贈与財産は、相続開始前3年以内の贈与財産と相続財産時精算課税による贈与財産です。

会社の経営者のように財産を多く保有している人が死亡した場合は、相続の対象となる財産の数や金額が非常に多くなり、遺産執行にむけての作業も大変になります。遺産執行に向けての作業が長引くと、だんだん相続税の納付期限がせまってきて、各相続人の相続税を納めるための手続きに影響が出ることがあります。このような時は、死亡者の財産の一部、具体的には相続人のシニア09間で争いが無い財産について、遺産分割協議の場で先に分割方法を決定し、協議書として記録しておくと、遺産分割協議がスムーズに進む場合があります。
ただし、遺産の一部分割を実施する場合はいくつかの注意点があります。まず挙げられるのは、分割しやすい財産ばかりを先に分けないようにすることです。預貯金などの分割しやすい財産に偏ることで、不動産などの分割が困難な財産ばかりが未分割の財産として残ってしまい、かえって遺産分割協議が進展しなくなる可能性があります。
また、残った財産を分割する際に既に決定した分割内容を考慮するかどうかも、相続人の間で合意を形成して分割協議書に記載しておくべきです。複数回に分けて遺産分割を実施する場合は、各回の他の回との関係と、全ての分割を終了する際に行われるであろう最終合意との関係を明確にしておく必要があります。

人が亡くなると、その人の財産は生きている人が引き継ぐこととなり、その財産を引き継いだ人は相続税を支払うことになります。ただ、相続税のことは認識していても、つい忘れがちな税金があります。それは所得税です。
人は、働いてお金を稼ぎますが、そのお金には所得税が課税されます。そして、人が亡くなった場合でも、死亡した年に所得があれば、税金を支払う必要があるのです。したがって、亡くなった人についても確定申告が必要となります。ただ、当然ながら、亡くなった人は、確定申告ができないので、相続人が代わりに申告することになります。これが準確定シニア08申告です。
なお、サラリーマンなどの給与所得者については、確定申告が不要な場合もあります。故人が生前勤務していた会社による年末調整によって完了する場合もあるからです。
しかしながら、所得は、給与所得ばかりではありません。発生の由来によって10種類に分類されています。例えば、商業や工業などの事業から生じる事業所得、不動産の貸付けなどに起因する不動産所得、不動産の譲渡、つまり売却から発生する不動産譲渡所得などがあります。このほか、執筆などで原稿料を受け取っていれば、それは雑所得に該当します。これらの所得は確定申告が必要なので、注意が必要となります。

最近は、個人情報保護やマネーロンダリング(資金洗浄)防止のため、預貯金や有価証券の口座開設手続きで、本人確認手続きは以前より厳格になっています。
とはいえ、親子間で、子供に財産を贈与する目的など、親子の間で合意の元に財産を映すことシニア07は不可能ではありません。
しかし、財産や所得は、実質所有者に帰属するのが原則で、実質所有者の確認として、名義は有力な一つであるに過ぎません。名義さえ移しておけば、実質は移っていなくても、財産の権利や義務が映ったことにはならないので注意が必要です。
とくに、預金の実質的な支配権が移っていないことを名義預金、株式の配当や議決権などが実質的に移っていないことを名義株式といいます。
預金の場合、子供の名義になっていても、通帳と印鑑は親が持っている、株式の場合、通知などが親のところに来ていて、議決権も親が行使している場合などは、実質的に権利が移っていないとみなされます。
贈与税は、暦年課税の場合、年間110万円までは非課税で、非課税では申告と納税は不要です。
しかし、あえて120万円にして10万円に対して課税を受け、税率は10%なので1万円を納付しすれば、贈与税の申告書は、贈与の事実を証明する書面としても効果的です。

自分の身内が死亡した時大往生ならば、当人も、死に対する心配りをし、子や孫にしっかりした指示を出すことができ、子は親に仕事を継ぐ準備が十分とれ、困ることはありませんが、現在のような複雑化した社会では、事業主はさまざまな立場を持っています。相続財産の有無、事業継承の問題、消費税納税義務など個人の問題で解決できません。故人の葬儀や付き合いやシニア06事業関係のあいさつなど喪主の立場で、動かないといけない人は多いです。悲しみにくれ、公的な義務を怠ると、とんだ失敗をします。世間の無情さや仕打ちを知り、怒りを覚えます。でもそれは解決にはなりません。事業主との関係から自分の負う義務です。しっかり勉強し、自分のできる範囲は自分で書類の提出等は、商工会議所に行き相談します。税理士に相談する場合もあります。商工会議所の会員ならば、税理士がいますから、しっかり手落ちのないようにします。商工会議所にいくと、いろいろな冊子があります。情報活用には役立ち、日頃から勉強しておくことです。事業継承のためにはとても大切なことです。所費税納税についてもアドバイスします。身近かな場所になります。事業継承の心構えは大切です。商工会議所を活用することです。

会社の経営者が亡くなった場合は、会社も相続財産として引き継ぐことが出来ます。そのように相続人が相続財産として引き継ぐのであれば会社の全ての権利と義務は相続人に移りまシニア05す。株式会社の場合は被相続人が保有していた株も相続財産となりますが、上場していない会社の場合でしたら、株の評価額の算定は非常に複雑ですので専門家への依頼が必要となります。
また規定により死亡退職金が支給される場合は、その退職金も相続財産となります。
会社に借入金がある場合は、経営者が死亡しても会社が存続するのであれば今後も何も変わりはありません。当然親族である相続人に影響が及ぶこともありません。しかし会社を相続して今後経営していくとなりましたら貸付金や借入金の権利や義務も引き継ぐことになります。また借入金の連帯保証人に経営者個人がなっていた場合は、その負債に関しても相続財産として引き継ぐことになりますので返済が困難な場合は相続放棄をするなどの対応が必要となってきます。経営者が会社に対する貸付金があった場合は、その貸付金も相続財産となり相続税の課税対象となります。
経営者が亡くなった場合に会社は様々な問題を抱えることになります。その内の一つが資金繰りに関することですが、そのような時のための生命保険もありますので、経営者は生前に保険に加入することなどを検討しておく必要があります。

親族の一人が亡くなってしまい、相続が開始された場合、まず、被相続人が所有していた全ての財産を把握することが重要です。
財産の全容が判らなければ、分配するにしても公平な分配が難しく、また、時を経て発見されてしまうと、後々の問題となってしまうことや、相続税などにしても思わぬ事態になってしシニア04まうことも有るのです。
しかし、もし遺言状が存在していたとしたら。
相続はその遺言状に基づいて行われ、それほど大きな問題になる可能性も少ないため、相続人の間で財産の調査が入念に行われないことも有り、場合によっては残された財産を見落としてしまう事さえあるのです。
特に注意が必要な財産は、カードローンや連帯保証債務のような、明確な証書の存在しない債務です。
それでなくても債務に関しては、その存在が見落とされがちで、金額の大きな債務であった場合、後に大きな影響が残ってしまう事も有ります。
資産以上の負債が発見されたとしても、一度執行された相続は取り消す事は出来ないのです。
また、金額が小額であったとしても、相続税に影響する場合もあるため、充分な確認が必要となるのです。
同様に、見つけにくい資産としては、書面骨董や生命保険契約が挙げられます。
これらの遺産は、遺言賞に記されないケースも多く、見落とす事の無い様充分な注意が必要なのです。

相続が発生した時には相続財産に漏れが無いように財産目録を作成した方がいいでしょう。法律で作成が義務付けられているわけではりませんが、相続人同士でもめることがないように分かりやすくまとめておくほうがいいでしょう。財産目録には不動産の評価額、預貯金、株や債券、宝飾品などのプラス財産の他に、借金や、税金や治療費の未払いなどのマイナス財産も記載します。相対的にマイナスになれば相続放棄も選択肢に入りますのでマイナスは特に重要です。預貯金は通帳や金融機関の残高証明書で調べられます。どの金融機関シニア03に口座を開いていたのかわからない時には少し厄介ですが、地元の銀行に照会したり、ネット銀行やネット証券の場合にはブラウザの履歴を活用する方法もあります。不動産は権利書若しくは固定資産税納付書をもとに役所と法務局で調べられます。役所の名寄帳で所有している不動産を確定し、法務局で登記事項証明書をもらいます。厄介なのは借金です。基本的に内緒で借りることが多いお金ですので、総額が分かりにくいことがあります。契約書やカードの利用明細が見つかればいいですが、わからない時は個人情報信用機関で故人の情報を開示して貰う方法もあります。

亡くなった人の財産は法令に則って処分しなければなりませんが、その進め方は遺言書が有る場合と無い場合ではかなり異なってきます。
遺言書が有る場合は、基本的には書面に記載された遺言の執行者もしくは家庭裁判所から遺言執行者として選任された者が、書面に記載された内容通りに遺言を執行していきます。遺言書の形式にはシニア02いくつかの種類がありますが、もっとも安全なのは公正証書遺言です。遺言書を公正証書にすると、原本は公証人役場で厳重に保管されるため、変造や偽造などが行われる心配はありません。公正証書遺言以外には、自筆証書遺言と秘密証書遺言がありますが、どちらも発見した場合は遺言を執行する前に家庭裁判所に検認の申立てが必要となります。
一方、遺言書が無い場合は、法定相続人を確定させ、相続財産の調査を行った上で、法定相続人全員の参加による遺産分割協議を実施しなければなりません。協議が全てまとまった場合は協議書を作成して遺言を執行しますが、全てまとまらない場合でも相続人の間で異議がない部分に関して先に協議書を作成しておくと良い場合もあります。遺言書が有る場合と比較すると、踏まなければならない手順も多く、トラブルも発生しやすいので、自分の死後に遺産相続でもめることを良しとしないと考えているのであれば、きちんと遺言書を作成しておきましょう。